プレスリリース

訪日外国人を対象にしたプロジェクト「CHICHIBU WELCOMES ALL」を始動。ちちぶを訪れる世界の人々をおもてなし!

多言語化やシステム整備だけに頼らない「本物のおもてなし」。ちちぶを訪れる全ての人に「真心のおもてなし」を。

世界へ向けて日本の魅力を発信するメディア、和テンション株式会社(代表取締役:鈴木康子、住所:渋谷区渋谷)は、一般社団法人 秩父地域おもてなし観光公社(会長:久喜邦康、住所:秩父市熊木町9-5)と連携し、ちちぶ地域を訪れる世界の人々をおもてなしする新プロジェクト、「CHICHIBU WELCOMES ALL」を2020年1月末よりスタートしました。

2020年、東京で開催される国際的スポーツイベントを契機に、世界中から日本・東京への注目が集まります。東京から1時間ほどで訪れることのできる秩父エリアにも、多くの海外の方が訪れることが予想されます。

増加する訪日外国人旅行者の受入体制の整備といえば、海外での誘致活動や情報発信、多言語化や支払いシステムの導入などに関心が集まりがちです。しかし、このプロジェクトでは、さらに本質に立ち返り、訪れる外国人に実際に相対する「地元の人たち」と「外国人訪問者」との円滑なコミュニケーションを醸成することに焦点を当てました。

自然豊かで独自の歴史文化を持つちちぶエリアでは、宿泊、飲食、交通などそのほとんどを経営するのは「ちちぶの街に住む人々」です。企業主導の大型プロジェクトとは一線を画し、気軽にちちぶを訪れてほしい、という「おもてなしの心」と「無理のないおもてなし」を前面に打ち出したプロジェクトです。

「訪れる外国人の人を歓迎したい気持ちはあるけれど、言葉もできないし、どうしたらいいのかわからない」といった街の人たちの心のハードルを下げ、外国人訪問者にとってはちちぶエリア全体で「温かく歓迎されている」と感じることができる機会をちちぶ地域全体で作り上げていくことを目的としています。

2017年度より、ちちぶエリアでは、秩父地域おもてなし観光公社主導のもと、地元事業者、自治体、他地域からの民間事業者が一同に集い、秩父地域の施策について定期的に意見を交わす「インバウンド政策コア会議」を開催してきました。第一回より参加してきた和テンション株式会社は、メディアとして日本の魅力を世界へ発信するだけでなく、イベントの企画運営やインバウンド関連施策のアドバイザーとして多くのインバウンドプロモーションを手掛けており、今回のプロジェクト「CHICHIBU WELCOMES ALL」は、両者の連携により実現したものです。

【プロジェクト概要】

CHICHIBU WELCOMS ALL プロジェクトロゴ
  • プロジェクト名(英語):
    CHICHBU WELCOMES ALL
    Heartfelt invitation to you – beyond mere words –
  • プロジェクト名(日本語):
    CHICHIBU WELCOMES ALL
    ―言葉じゃない、心からのおもてなしをあなたへー
  • プロジェクト期間:2020年1月末~
  • プロジェクト実施地域:
    秩父市、横瀬市、皆野町、長瀞町、小鹿野町の1市4町による秩父地域

【プロジェクト概要】

CHICHIBU WELCOMES ALL
プロジェクトステッカー
  1. もてなしの心を示す「プロジェクトステッカー」を掲示
    知らない地域で、知らないお店の扉を開けるのは、想像以上に勇気がいるもの。ましてや外国人であればなおさらです。秩父地域の協力施設に、直径9cmほどの円形ステッカーを掲示。
    「外国人であることを嫌がられたらどうしよう」という不安な気持ちを、このステッカーが軽減してくれます。迎える店舗側は、「外国語が話せないけど、外国人の人は歓迎」という気持ちをこのステッカーを掲示することで表します。ちちぶエリアでは、このステッカーが「おもてなしの心」を伝える、外国人との架け橋になってくれるでしょう。
  1. 小さなおもてなしを提供。歓迎の気持ちを表し、ちちぶの魅力を紹介
    このプロジェクトに参加する施設では、訪れた人たちに「小さなおもてなし」の提供を行います。見知らぬ土地で出された暖かい1杯のお茶、手渡された果物の1つが旅の温かい思い出になるもの。小さなおもてなしには、お勧めの商品や秩父地域の名産があり、地域の魅力のPRにも結び付きます。

  2. プロジェクトの特設ウェブページをリリース。英語で参加施設を掲載
    ちちぶエリアを訪問した外国人が、目的の施設を探す際の助けとなるように、プロジェクト内容、参加店を英語での紹介するウェブページを制作、公開しています。
    ちちぶエリアの小規模な店舗では、外国人を受け入れる上で他語化の必要性は分かっていても、実際には追いついていないところが多々あります。プロジェクトの参加施設は、このウェブページに英語で施設情報(基本情報、名物など)を掲載することができるため、外国人誘客の促進につなげることができます。

掲示イメージ:協力施設 パーラーコイズミ様(埼玉県秩父市番場町17-13)

■ 一般社団法人 秩父地域おもてなし観光公社

秩父市、横瀬市、皆野町、長瀞町、小鹿野町(1市4町)の観光を促進する組織として2012年4月に設立。2014年2月に、一般社団法人に移行。2016年2月に、日本版DMO候補法人(地域連携DMO)として第一弾登録。2017年11月に日本版DMO法人(地域連携DMO)として第一弾登録。

■ 和テンション株式会社

世界11ヵ国で、日本の情報を発信するメディア「WAttention」を展開。日本の魅力を世界へ届けるプロとして、メディアとして情報を発信するだけでなく、多言語コンテンツの制作や日本関連イベントの企画運営、インバウンド関連施策のアドバイザーとして多くのインバウンドプロモーションを手掛ける。