news

訪日外国人観光客向けARアプリ 「WA Guide」をリリース

press-release

2014年6月23日

報道関係者各位

日本語メニューを英語・繁体字で表示!

和テンション、訪日外国人観光客向けARアプリ

「WA GUIDE」をリリース

ddd-300x300

和テンション株式会社(東京・渋谷区 代表取締役社長 鈴木康子)は6月25日、日本に興味のある外国人向けフリーペーパー『WAttention』誌面と連動したARアプリケーション「WA guide」(iOS/Android)をリリースいたします。

「WA guide」は、東京版をはじめ、シンガポール、マレーシア、タイ、ロサンゼルス、フランス、台湾、インド、香港と世界9カ国で日本の情報を発信しているフリーペーパー『WAttention』(合計発行部数年間160万部)と連動したサービスです。

『WAttention』の記事内のマーカーをWA Guideアプリでかざすことで、いまいる自分の場所からおすすめスポット一覧が表示され、そのなかのひとつを選ぶと、ナビゲーション(方角と距離)、ビューマップ(行きたい場所が地図上で表示される)、など詳細情報がとれるほか、レストランでメニューにかざすと、ユーザー自身が端末で使用している言語でメニュー表示がされる機能も搭載。初めて訪れたレストランのメニューでも内容を理解して料理をオーダーすることができます。スマホでかざすマーカーを店舗のほうで用意することで、雑誌から店舗への誘因率も測定可能になります。

d2-169x300

さらに、スタンプラリー機能を活用することで、複数のお店を回遊して得られるインセンティブイベントを開催することが可能になっています。

これらのサービスを今後、小規模飲食店舗でも導入しやすい価格(未定)で7月中旬以降販売していく予定です。

「WA guide」の強みとして、外国人観光客が訪日前に、9か国で発行されている『WAttention』から「WA guide」アプリにて自国で情報を取得し、事前に行きたい場所やお店を検討できる点もあげられます。今後、そこに動画やクーポンなども組み込んで、訪日動機を促進させます。

和テンション株式会社は今後、フリーペーパー『WAttention』、ウェブサイト『WAttention』、ARアプリ「WA guide」と、さまざまなデバイスを通じて、日本に興味を持つ外国人、訪日観光客にとってもっとも使いやすい情報メディアとしての立ち位置を確固たるものにしていきます。ウェブサイトでは、7月中旬のリニューアルで気になる記事をクリップできる機能も搭載。将来的にはWebでの登録情報をアプリと連動させ、紙、ウェブサイト、アプリすべてが連動したサービスを目指していきます。

また、これらのメディア事業に加え、リアルな催事場をシンガポールにオープンし、日本のインバウンド事業を牽引していきます。大型ショッピングモールのジュロン・ポイントにオープンする「WAttention Plaza」では、120平方メートルのスペースが9つのブースに区切られ、物販やイートインが可能で、日本の物産・文化に触れられる常設の展示スペースとなります。

2013年度に訪日外国人観光客数が1,000万人を超え、JNTOでは東京オリンピックが開催される2020年に向けて観光客の倍増計画を策定しています。和テンション株式会社では、その2,000万人へのサービスをさらに強化してまいります。

<お問い合わせ先>

和テンション株式会社 PR担当宛
東京都渋谷区渋谷2-3-8 倉島渋谷ビル 401号
Tel 03-6418-5701 Fax 03-6862-6760
[email protected]

一覧に戻る